コラム

眉下切開って素晴らしい

『若い頃は綺麗な二重だったのに、なんか目尻側の幅が狭くなってきて・・・ちょっと埋没で幅を広くしてくれません?』
という患者様、たくさんいらっしゃいます。
お気持ちはよく分かります。

 

でも埋没法って、加齢で緩んだ皮膚をたくし上げるための手術じゃないんです。
埋没の糸に、余った皮膚を支えるような強度は無いし、上の方で留めないといけないので比較的すぐにとれやすいかと思います。(それでも良ければ、何とかうまいことやりますが。。。)

 

こんな時こそ、眉下切開がおすすめですよ。


たるみに隠れていた、若い頃の綺麗な二重が復活します。「切開してるのに整形感が無い」という不思議な状態です。
たるんだ瞼に埋没した方がよほど”整形感”出ますからね。

 

比較的シンプルな施術だからこそ、デザインのコツとか縫合技術の差はごまかしが効きません。
どうせやるなら形成外科専門医とまでは言いませんが、せめて切開縫合のご経験が豊富な先生が良いですよ。
細かいところで長期経過でも差が出ると思います。

 

 


僕のおすすめはなんと言っても六本木境クリニックの境 隆博先生です。
眉下切開の素晴らしさを世に広めた第一人者ですよね。

 

 

 

 


個人的にも昔から仲良くさせて頂いてます。(写真は緊急事態宣言前です、念のため。)

 


もう5年くらい前になるかな?まだ大学にいる頃、僕のツテで境先生に講演に来てもらったこともあります。
https://roppongi-sakai-clinic.com/slack-blog/眉下切開は整形顔にならない/

記事の一番下あたりに記載あります

 


もしも六本木境クリニックが予約いっぱいだったら、BR CLINIC GINZAも候補の1つにお考えください。
うちの眉下切開も悪くは無いですよ。
医師向けの論文執筆依頼をいただく程度には、多数の症例経験あります!

 

特集組んで頂きました🤗

ご予約Reservation

BR CLINIC GINZAは、
JSAPS所属の形成外科専門医が、
美の再建(Beauty Reconstruction)を行うクリニックです。

ご予約はこちら

toTop