ハイフ・ウルトラセルQプラス

ウルトラセルQプラスとは

高密度焦点式超音波(HIFU)を用いた、切らないしわ・たるみ治療です。
ウルトラセルQプラス(ULTRAcel Q+)という機械は、高エネルギー超音波を発生させて、一点に集束された部分だけが高温になります。
肌の奥に熱エネルギーが届くので強力な引き締め効果が期待でき、切らないたるみ治療として注目を浴びています。

 

ウルトラセルQプラスの特徴

①筋膜層(SMAS)にアプローチ


これまでの照射治療では、皮膚の浅い層にしか熱エネルギーが届かなかったため、たるみ引き上げ効果も一時的なものでした。ハイフ(HIFU)は、皮膚の深い筋膜層(SMAS)まで届くので、SMAS筋膜が収縮してたるみの根本にアプローチできます。切らずに筋膜層に働きかけることができ、継続的にたるみが引き締まります。

②コラーゲン生成

熱エネルギーによるダメージを受けた組織は、傷ついた部位を治そうとしてコラーゲンやエラスチンを生成します。すると、肌の深い層でコラーゲンが増えるので、施術後は照射部分の小じわや肌のハリ感に効果が得られます。その効果は、術後から2~3カ月後に最も現れ、半年~1年間程度持続します。

③麻酔不要・最小限の痛みで済む

痛みには個人差がありますが、ウルトラセルQプラスは、大幅に痛みを軽減しています。ほとんど痛みを感じないので、痛みに弱い方でも受けやすい治療です。不安がある方は、お気軽にご相談ください。
※麻酔を行う場合は、別途費用がかかります。

④施術時間が短いので忙しい方にもおすすめ

1ショット照射のスピードが短いので、顔全体を行っても10~12分ほどで施術が終了します。入院・通院の必要もありません。

⑤傷痕が残らない・洗顔、メイクも当日可能

傷痕が残らずにきれいな仕上がりです。当日の洗顔・メイクも可能です。

 

施術可能な部位

  • 額のしわ
  • 目尻のしわ
  • 目の下の小じわ
  • 肌のハリ
  • 毛穴の開き
  • 頬のたるみ
  • ほうれい線
  • フェイスライン
  • 首のしわ
  • 二重顎

施術の流れ

施術経過

術後~半年かけて徐々に引き締まり、リフトアップが期待できます。術後1週間ほどは、筋肉痛に似た痛みが生じますが、じきに治まるので心配ありません。赤みや腫れが生じる場合がありますが、これも数日で治まります。

施術サイクル

6カ月に1回の治療を定期的に行うことをおすすめしています。

施術前の注意事項

施術1カ月以内にボトックス・ヒアルロン酸注入を行った方は、施術できない場合があります。また施術2週間以内に極端な日焼けをした方も施術を控えます。気になる方はご相談ください。

施術を受けられない方

  • 妊娠中、または妊娠の可能性のある方、授乳中の方
  • 施術する部位にシリコン・金属プレート・金の糸を埋め込んでいる方
  • ペースメーカー・埋め込み式除細動器を使用している方
  • 頬の脂肪が極端にない方
  • 心疾患・出血性疾患・悪性腫瘍・重度の糖尿病・ケロイド体質の方
  • 治療する部位に重度の皮膚疾患・大きな瘢痕組織・感染症のある方

施術後の注意事項

施術後1週間は、激しい運動・サウナ・飲酒など、身体を過剰に温めるのを控えてください。
肌が敏感になっていて、紫外線の影響を受けやすいので、日焼け止めなどのケアをしっかりと行ってください。
入浴・洗顔・お化粧など当日からできます。
施術後1~2週間経ってもまだ痛みがある場合は、強いマッサージなどは控えてください。

よくあるご質問

施術はどんな方に向いていますか?

しみやたるみが気になる方、ほうれい線が気になる方、フェイスラインに悩みがある方、小顔になりたい方などにおすすめの施術です。

ダウンタイムはどれくらいですか?

ダウンタイムはほとんどありません。稀に赤みや腫れが出る場合がありますが、だいたいの方が翌日までには治まります。施術後、メイクしてお帰り頂けます。

ご予約Reservation

BR CLINIC GINZAは、
JSAPS所属の形成外科専門医が、
美の再建(Beauty Reconstruction)を行うクリニックです。

ご予約はこちら

toTop